日銀決定会合が開幕 銀行は「マイナス金利深掘り」警戒

公開日: 更新日:

 日銀は20日から2日間、金融政策決定会合を開催。追加金融緩和を催促する市場関係者は多いが、銀行界が気にするのは、黒田総裁が何度か口にした「マイナス金利の深掘り」だ。

 今年2月のマイナス金利政策導入によって、銀行は貸出金利の低下などで打撃を受けた。金利が「深掘り」されれば、一段と逆風が強まるのは必至。預金口座の維持・管理手数料を利用者から徴収する案が浮上するなど、負担を転嫁する可能性も出てきた。

 日本より早くマイナス金利政策を導入した欧州では、銀行が大口預金にマイナスの金利を課すなど、顧客に負担を求める動きが広がっている。一部では個人預金にマイナス金利を適用する例も出ている。

 日本の銀行は顧客の反発を恐れ、マイナス金利政策の導入後も負担の転嫁を見送ってきた。しかし、金利が一段と下がった場合、既に低水準にある預金金利を下げる余地はほとんどない。このため「大口の法人預金口座からの手数料徴収が検討課題になる」(大手行幹部)との声も出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  9. 8

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  10. 9

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

  11. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る