• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

五輪予算で小池都知事を牽制 “権限なし”丸川大臣の遠吠え

 “女の戦い”は肩透かしに終わるのか。先月、都政改革本部の調査チームが東京五輪の予算見直しを提案したことについて、丸川珠代五輪相(45)は4日の閣議後会見で、「国の威信を汚さないセキュリティーの実現には当然かけるべき費用が出てくる」「コスト抑制の名の下に不十分になってはいけない」と強調。小池百合子都知事(64)が進めようとする五輪開催費用の抑制を牽制した。

 だが、はっきり言って、丸川大臣では小池知事の相手にならないともっぱらだ。

「五輪相」の肩書こそ立派だが、実は権限も予算もない、単なる調整役だ。ステゴロでケンカに挑むようなものである。

 内閣府東京オリンピック・パラリンピック事務局の担当者が言う。

「国としては、あくまで東京五輪の当事者は都であるという認識です。国は都の対応を見守る立場であり、口出しするのは越権行為だと考えます。五輪相の主たる役割は、不定期で開催される『調整会議』に参加し、文科相、五輪大会組織委会長、都知事、JOC会長、JPC会長と連携しながら、各省庁間にまたがる国の業務を調整することです。常勤職員は50人いますが、国交省、文科省、財務省、警察庁からの出向者がほとんどです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

もっと見る