日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小池知事vs丸川大臣 安倍首相の幼稚な“さや当て改造人事”

「よく言えば絶妙。でもいやらしい人事だよ」――。安倍首相の今度の内閣改造に自民党内からこんな感想が上がっている。わざとライバルや側近を起用し、戦わせる人事になっているのだ。

「今年1月に辞任した甘利明前経済再生相の後任は石原伸晃さんでしたが、2人は同じ派閥で領袖争いをした仲。あえてぶつけたのには驚きました。今回もそんな人事が散見されます」(自民党ベテラン議員)

 例えば農相。安倍首相は当初、石破茂前地方創生相に横滑りを打診したが固辞された。で、選んだのは石破派に所属する側近の山本有二大臣。山本大臣本人は「安倍首相の石破氏への牽制」という見方を否定していたが、「親分がポスト安倍を目指して閣外に出るのに、最側近が入閣要請を受けるなんてどうかしている」(自民党中堅議員)と呆れ声が聞こえる。

 丸川珠代大臣を五輪担当相に据えたのは、小池百合子都知事へのさや当てだ。2人は「連携していきたい」なんて言っているが、あくまで表面だけ。アナウンサーとキャスターというテレビ出身、東京都連所属と共通項が多い一方、丸川大臣はオジサン議員にかわいがられ、小池知事は嫌われてきた。今後、バチバチ火花が散ることもありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事