博多だけじゃない 下水道管老朽化で道路陥没は年間4000件

公開日:

 8日早朝に福岡市のJR博多駅前で起きた陥没事故には驚いた。長さ約30メートル、幅約27メートル、深さ約15メートルも道路が陥没したのに、よくまあ負傷者1人で済んだものだ。現場の判断で崩れる前に交通規制できたのは不幸中の幸いだが、ひとつ間違えれば大惨事になっていただろう。

 福岡市は市営地下鉄七隈線の延伸工事が原因と認めたが、実は、原因は違えど、道路陥没は毎日のように起きているから他人事じゃない。国交省下水道事業課によると、下水道管の老朽化や腐食などによる道路陥没は、2014年度に全国で3313件も発生。

「ここ数年は3000~4000件で横ばい状態です」(同課担当者)

 実際、昨年5月に金沢市の県道で地下の下水道管が破損し、長さ約8メートルにわたって陥没する事故も起きている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る