博多だけじゃない 下水道管老朽化で道路陥没は年間4000件

公開日: 更新日:

 8日早朝に福岡市のJR博多駅前で起きた陥没事故には驚いた。長さ約30メートル、幅約27メートル、深さ約15メートルも道路が陥没したのに、よくまあ負傷者1人で済んだものだ。現場の判断で崩れる前に交通規制できたのは不幸中の幸いだが、ひとつ間違えれば大惨事になっていただろう。

 福岡市は市営地下鉄七隈線の延伸工事が原因と認めたが、実は、原因は違えど、道路陥没は毎日のように起きているから他人事じゃない。国交省下水道事業課によると、下水道管の老朽化や腐食などによる道路陥没は、2014年度に全国で3313件も発生。

「ここ数年は3000~4000件で横ばい状態です」(同課担当者)

 実際、昨年5月に金沢市の県道で地下の下水道管が破損し、長さ約8メートルにわたって陥没する事故も起きている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る