自民・竹下国対委員長 博多陥没事故で“不謹慎ジョーク”

公開日: 更新日:

 TPP国会の混乱収拾に当たる国対委員長が失言騒ぎを起こしてどうするんだ。

 自民党の竹下亘国対委員長は8日、東京都内で開かれた同党の井上貴博衆院議員の会合であいさつし、JR博多駅前で起きた陥没事故に関連し、「国対で『井上が歩いたんじゃないか』という話になり、そしたらいるから、犯人は井上ではないということになった」と冗談を飛ばした。

 井上氏は陥没事故が起きた福岡1区選出。井上氏の大柄な体形をネタにしたジョークだが、大惨事の可能性もあったことを考えると、たるみ切った発言としか言いようがない。

 事の大きさに気付いたのか、竹下氏は9日午前に記者団の取材に答え「特に意図があったわけではない」と釈明。「重大事故との認識で党、国会として対応することが仕事だ」と強調したが、野党の反発は免れない。

 民進党の笠浩史国対委員長代理は「緊張感の欠如だ。猛省を促したい」、共産党の穀田恵二国対委員長は「ちゃかすこと自体許されない。自民党が劣化している」と批判。公明党の大口善徳国対委員長も「避難者が出て、地元が懸命になっていることを冗談で発言したならば不適切だ」と苦言を呈した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  10. 10

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

もっと見る