• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

自民・竹下国対委員長 博多陥没事故で“不謹慎ジョーク”

 TPP国会の混乱収拾に当たる国対委員長が失言騒ぎを起こしてどうするんだ。

 自民党の竹下亘国対委員長は8日、東京都内で開かれた同党の井上貴博衆院議員の会合であいさつし、JR博多駅前で起きた陥没事故に関連し、「国対で『井上が歩いたんじゃないか』という話になり、そしたらいるから、犯人は井上ではないということになった」と冗談を飛ばした。

 井上氏は陥没事故が起きた福岡1区選出。井上氏の大柄な体形をネタにしたジョークだが、大惨事の可能性もあったことを考えると、たるみ切った発言としか言いようがない。

 事の大きさに気付いたのか、竹下氏は9日午前に記者団の取材に答え「特に意図があったわけではない」と釈明。「重大事故との認識で党、国会として対応することが仕事だ」と強調したが、野党の反発は免れない。

 民進党の笠浩史国対委員長代理は「緊張感の欠如だ。猛省を促したい」、共産党の穀田恵二国対委員長は「ちゃかすこと自体許されない。自民党が劣化している」と批判。公明党の大口善徳国対委員長も「避難者が出て、地元が懸命になっていることを冗談で発言したならば不適切だ」と苦言を呈した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る