自民・竹下国対委員長 博多陥没事故で“不謹慎ジョーク”

公開日: 更新日:

 TPP国会の混乱収拾に当たる国対委員長が失言騒ぎを起こしてどうするんだ。

 自民党竹下亘国対委員長は8日、東京都内で開かれた同党の井上貴博衆院議員の会合であいさつし、JR博多駅前で起きた陥没事故に関連し、「国対で『井上が歩いたんじゃないか』という話になり、そしたらいるから、犯人は井上ではないということになった」と冗談を飛ばした。

 井上氏は陥没事故が起きた福岡1区選出。井上氏の大柄な体形をネタにしたジョークだが、大惨事の可能性もあったことを考えると、たるみ切った発言としか言いようがない。

 事の大きさに気付いたのか、竹下氏は9日午前に記者団の取材に答え「特に意図があったわけではない」と釈明。「重大事故との認識で党、国会として対応することが仕事だ」と強調したが、野党の反発は免れない。

 民進党の笠浩史国対委員長代理は「緊張感の欠如だ。猛省を促したい」、共産党の穀田恵二国対委員長は「ちゃかすこと自体許されない。自民党が劣化している」と批判。公明党の大口善徳国対委員長も「避難者が出て、地元が懸命になっていることを冗談で発言したならば不適切だ」と苦言を呈した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る