トランプまた仰天人事案 バレンタイン氏が駐日大使に?

公開日: 更新日:

 米国の次期駐日大使に、あの元ロッテ監督のボビー・バレンタイン氏(66)の起用が浮上した。既にバレンタイン氏とトランプの政権移行チームが「予備的な話し合い」をしたという。米のラジオ局WEEI電子版が報じた。バレンタイン氏は、NHKなどの取材に「話題になったのは光栄に思っている」と答えるなど、まんざらでもない様子だ。

 バレンタイン氏は現在、出身地の米東部コネティカット州にあるサクレッドハート大で体育の指導に当たっている。駐日大使候補に挙がった理由には、トランプと親交がある他、バレンタイン氏の出身大で学んだこともある安倍首相と旧知の仲ということもあるようだ。

 一方、米メディアは9日、トランプ政権の国家経済会議(NEC)委員長に金融大手ゴールドマン・サックス社長兼最高執行責任者(COO)のゲーリー・コーン氏(56)を起用する方針だと伝えた。コーン氏の就任が決まれば、財務長官に就くムニューチン氏、首席戦略官・上級顧問に決まったバノン氏に続き、主要ポストで3人目のゴールドマン出身者となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る