• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

タイム誌で「今年の人」に トランプが官僚人事でまた物議

 米誌タイムは7日、恒例の「今年の人」(パーソン・オブ・ザ・イヤー)に、次期大統領に当選したドナルド・トランプ氏(70)を選出した。同誌はトランプを「アメリカ分断国」の大統領と表現。「良くも悪くもその年の出来事に最も大きな影響を与えた人物」と評した。

 そのトランプが新たな閣僚人事で物議を醸している。国土安全保障長官にジョン・ケリー前南方軍司令官(66)を指名する方針だという。同日、米メディアが一斉に報じた。

 ケリーもマティス次期国防長官と同じく海兵隊出身。フリン国家安全保障担当大統領補佐官と合わせて、次期政権のポストで元軍将官が指名されるのはこれで3人目だ。

 また環境保護局(EPA)長官に、環境保護規制反対派のスコット・プルイット・オクラホマ州司法長官(48)を起用する方針を決めた。

 トランプが掲げるシェールオイル・ガスの採掘推進策を後押しするため、規制撤廃に取り組む可能性が高く、環境保護団体からは「キツネに鶏小屋を任せるようなものだ」との批判の声が上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る