• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

孫・トランプ電撃会談 米に5兆円投資と5万人雇用を約束

 ソフトバンクグループの孫正義社長が6日、ニューヨークのトランプタワーで、トランプ次期大統領と“電撃会談”した。孫氏はトランプと面識はなかったが、先週に共通の知人を通じて面会を申し入れ、約45分間の会談が実現した。

 会談で孫氏は「今後4年間で米国に500億ドル(約5兆7000億円)を投資し、5万人の雇用を創出する」と申し入れ、トランプは「積極的に規制緩和をする」と応じたという。

 ソフトバンクは2013年に米国の携帯電話大手スプリントを買収。同社と別の米携帯電話大手TモバイルUSとの統合を狙ったが、米当局が寡占を警戒したため断念した経緯がある。トランプ大統領の誕生で規制緩和が進めば、もう一度、両社の統合を仕掛けるチャンスが出てくる。

 一方、トランプは選挙公約の柱だった雇用問題について「早くも5万人の雇用を創出した」とアピールできる。両者の思惑が一致したわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る