刹那のお祭り騒ぎ 棚ボタの円安・株高はそう長くは続かない

公開日: 更新日:

 トランプの登場で、日本は棚ボタの円安・株高に。「強いアメリカ」を標榜するトランプ勝利以降、急激なドル高の影響で、短期間に円は対ドルで15円以上も下落。120円台をうかがう円安を好材料にして、2017年には株価が2万5000円を突破するという臆測も出ている。

 だが、こんなものは、しょせん刹那のお祭り騒ぎ。そう長くは続かない。

「まず、1月20日に大統領に就任するトランプ氏が具体的にどういう経済対策を打ち出し、その実現度合いがどのくらいあるのか。財政出動などの面で期待が大きかった分、失望が広がれば、一気に潮目が変わる可能性があります」(経済アナリスト・菊池英博氏)

 早ければ、2月の予算教書をきっかけに、為替はすさまじい逆回転が起こりかねない。

「そもそも『米国ファースト』を掲げるトランプ政権の経済政策は、国内雇用の増加と輸出増を目指しているので、必然的にドル安戦略になっていく。それは、トランプ氏が選挙戦で『中国や日本が自国通貨安の為替操作を行っている』と猛批判していたことからも明らかです。現在の株高にしても投機相場になっていることは否めず、どこかで売り浴びせられてドカンと落ちることを覚悟しておくべきでしょう」(菊池英博氏=前出)

 現在の円安・株高を喜んでばかりもいられないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  9. 9

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  10. 10

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

もっと見る