幹部処刑で内部崩壊へ 北朝鮮に“金正恩斬首”革命シナリオ

公開日: 更新日:

 金正男殺害で非難を浴びている金正恩に、新たな悪事が明らかになった。元国家保衛相の金元弘氏が軟禁され、次官級の部下5人以上が銃殺されたというのだ。韓国の国家情報院が明らかにした。

 国家保衛省は反体制の動きを取り締まる秘密警察組織。正男殺害にはこの組織のメンバー4人が加担していたとされる。

 金元弘氏が軟禁状態になったのは1月中旬で、理由は金正恩に虚偽の報告をしたからとみられている。ただ、部下が銃殺された時期は国家情報院も明かしていないため、正男殺害事件との関連は判然としない。

 問題は虚偽報告の内容だ。北朝鮮で正恩体制を批判する落書きが企業や学校、軍の主要部隊で見つかり、体制不安が強まっているというもの。これが正恩の逆鱗に触れたというのだ。

「落書きが増えているのは事実。事実だからこそ、正恩は不安を覚えて逆上したのでしょう。一般市民にも独裁者・正恩を恨んでいる人はかなり存在します」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る