幹部処刑で内部崩壊へ 北朝鮮に“金正恩斬首”革命シナリオ

公開日:

 金正男殺害で非難を浴びている金正恩に、新たな悪事が明らかになった。元国家保衛相の金元弘氏が軟禁され、次官級の部下5人以上が銃殺されたというのだ。韓国の国家情報院が明らかにした。

 国家保衛省は反体制の動きを取り締まる秘密警察組織。正男殺害にはこの組織のメンバー4人が加担していたとされる。

 金元弘氏が軟禁状態になったのは1月中旬で、理由は金正恩に虚偽の報告をしたからとみられている。ただ、部下が銃殺された時期は国家情報院も明かしていないため、正男殺害事件との関連は判然としない。

 問題は虚偽報告の内容だ。北朝鮮で正恩体制を批判する落書きが企業や学校、軍の主要部隊で見つかり、体制不安が強まっているというもの。これが正恩の逆鱗に触れたというのだ。

「落書きが増えているのは事実。事実だからこそ、正恩は不安を覚えて逆上したのでしょう。一般市民にも独裁者・正恩を恨んでいる人はかなり存在します」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る