安倍首相と現職で思惑にズレ 衆院解散で早くも駆け引き

公開日: 更新日:

 5日開かれた自民党大会で、党総裁任期を現行の「連続2期6年」から「連続3期9年」に延長することが決まったが、その途端、衆院解散・総選挙が取り沙汰され始めた。

 最も早い解散時期として挙がっているのが「4月解散」だ。その大きな理由は7月の東京都議会議員選挙。小池旋風をまともに受ける自民党は、議席を半減させるという予測もある。これまでの例では、都議選に惨敗すると、その後の国政選挙でも、自民党は大幅に議席を減らしている。

 また、5月には衆院選挙区画定審議会が、区割り変更案を首相に勧告する予定だ。100選挙区前後で見直しが行われるため、調整難航は必至。こうしたことから、先手を取って4月に解散してしまえという声が上がっているのだ。

 一方、2021年までの長期政権が見通せるようになった安倍首相は、解散を来年秋まで先送りする意向とされる。今の衆院議員の任期は来年12月。現有の安定勢力を保持したまま来年9月の自民党総裁選で3選を果たし、悲願の憲法改正に取り組む腹づもりだ。

 何より4月の解散では、安倍首相自身が「森友疑惑」で突き上げられるのは避けられない。解散を焦る平場の議員に対して、「森友疑惑」「都議選ショック」のほとぼりが冷めるまで先送りしたい安倍首相。水面下で駆け引きが始まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  6. 6

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    花田美恵子さん<3>フライト中に貴乃花から食事に誘われて

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る