• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中身スカスカ言い逃れ 石原氏“恥知らず会見”の致命傷

 会場の記者たちも「ここまで無責任とは」とあきれていた。石原慎太郎元都知事(84)が3日、豊洲移転問題について初めて記者会見を開いたが、「覚えていない」「専門家じゃない」「部下に任せていた」の繰り返し。都のトップとして移転を最終決断した責任をタナに上げ、担当部局の職員や専門家、都議会になすり付ける。約1時間の会見を要約すると、「みんなで決めたことで、オレだけが悪いんじゃない」。「逃げるのが一番嫌」なはずの老人が中身スカスカの「言い逃れ」に終始した。

 なかでも驚いたのが、豊洲市場の用地売買契約時に売り主の東京ガスに「今後、土壌対策費用を求めない」と瑕疵担保責任の放棄を盛り込んだことまで「記憶にないし、報告も受けていない」と言い張ったことだ。

 2011年3月31日付で東京ガスの瑕疵担保責任を放棄した協定書には、石原氏の「知事印」がしっかり押されているが、本人は「私が押したんじゃない」と断言。「瑕疵担保責任が放棄されていたことは東京都側から昨年、質問を受けたことで初めて知った」と言ってのけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る