日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

特別防衛監察は時間稼ぎ 稲田防衛相に現場職員が激怒

 稲田氏が現場職員を憤慨させている理由はこれだけじゃない。森友問題もあるという。

「森友問題は、稲田大臣の個人的な問題です。にもかかわらず、稲田大臣の事務所や政策秘書が頼りないため、森友との関係について、防衛省秘書課が組織的に答弁書を作成して補佐している。秘書課というのは本来、職員全体のコンプライアンスを担当する部署。それが大臣の私的な問題について右往左往している。とても見ていられないし、まともな業務を遂行できるはずがありません」(前出の防衛省幹部)

 本来であれば、とっくにクビになっていて当然の大臣が、今も平然と居座り続けていることが不思議でたまらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事