• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

地元評も最悪 ブチ切れ今村復興相は政治資金で“飲み放題”

 フリー記者の鋭い追及に「うるさい、二度と来るな!」とブチ切れた今村雅弘復興相(70)。野党からは早速、「閣僚の資質なし」と批判続出だが、本をただせば東大法卒の国鉄マン。96年、国政進出後、当選7回を重ねるベテランだが─―。

「自民党内ではスッカリ“終わった人”扱い。14年の衆院選では、今村さんの選挙区の佐賀2区と3区の合区に伴い、比例九州ブロックにはじき出されました。しかも、比例順位は重複立候補者より下の31位。運良く当選したけど、冷遇は変わらず。大臣になれたのも、15年11月に額賀派から二階派に移ったから。幹事長になった二階さんの推しがあったともっぱらです」(永田町関係者)

■政治資金で「飲み代」支出

 過去には「政治とカネ」の問題もあった。資金管理団体「鉄輪21・政策研究会」が06~08年、都内のキャバクラやものまねパブなどに100万円超支出していたことが09年に報じられた。改めて日刊ゲンダイが「鉄輪21」の1件1万円以下の支出に関わる「少額領収書の写し」(13、14年分)を精査すると、居酒屋での「飲み代」にガンガン支出していたことが分かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る