日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“金目”発言の石原伸晃大臣 政治資金で花札&トランプ購入

 福島第1原発事故の被災者に「最後は金目でしょ」と言い放っていた石原伸晃経済再生担当相(59)。エラソーなことを言っていた割には、政治資金の使い方はメチャクチャだった。

 日刊ゲンダイは、伸晃大臣が代表を務める資金管理団体「石原伸晃の会」の1件1万円以下の支出に関わる「少額領収書の写し」(2013、14年分)を入手。中身を精査すると、まさに「何でもアリ」状態なのだ。

〈花札 千鳥〉〈トトロトランプ〉――14年8月30日付の領収書には、はっきりとこう印字されている。支出先は量販店の「イオン市川妙典店」で、金額は計2481円。支出は、事務所家賃や電話代などに関わる「事務所費」として処理されている。来客者と共に“カードゲーム”に興じたとでもいうのだろうか。

 不可解な支出はまだある。13年5月25日付の領収書には、青森・八戸市の鍼灸院「対馬治療院」に3800円支払ったことが記されている。ただし書きには〈マッサージ代として〉とある。さらに、13年3月9日付の領収書を見ると、長崎・五島市のスナック「ニュー・ステイヤー」に6000円支出したことが分かる。これらの支出は、全て、渉外費や交際費に関わる「組織活動費」として処理されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事