自民のネガキャンか 小池F出馬の元区議にパワハラ決議案

公開日: 更新日:

 小池新党の都議選候補に醜聞だ。渦中の人物は都民ファーストの会から豊島選挙区に立つ本橋弘隆氏(55)。出馬に伴って9日に豊島区議を辞職した直後、区議会に“パワハラ決議案”が提出されようとしているのだ。

 問題になっているのは、本橋氏が第1回定例会初日(2月17日)に起こした議会事務局職員に対する“ドーカツ事件”。新会派立ち上げに伴う議席変更で氏名柱を移動させるにあたり、本人がやるか事務局がやるかで大モメ。最終的に議員本人が移したのだが、腹を立てた本橋氏は事務局に乗り込み、カウンターをバンバン叩きながら大声を張り上げた。その後、職員が卒倒して大騒ぎになった。

 事態を重く見た事務局は3月1日、現場に居合わせた職員6人に「本橋議員が事務所内で大声を出した件に関するアンケート調査」を実施。日刊ゲンダイが入手した調査結果には「恐怖を感じた」(3人)、「恫喝だと感じた」(3人)などとあり、2人が体調の異変を訴えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  3. 3

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    久光製薬 中冨博隆会長 頼りはやっぱり「サロンパス」

  10. 10

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

もっと見る