トランプ大統領 ロシア疑惑捜査の特別検察官解任を検討か

公開日: 更新日:

 トランプ米大統領は、43年前にウォーターゲート事件で辞任に追い込まれたニクソン大統領(当時)と同じ道をたどるのか?――米公共放送PBSは12日、トランプが一連のロシア疑惑の捜査を統括しているモラー特別検察官の解任を検討していると報道した。この報道に、多くの米国民は44年前のある出来事を思い起こした。

 1973年10月20日、ニクソンはボーク司法長官代理を通じて、ウォーターゲート事件を捜査していたコックス特別検察官を解任。突然の解任劇は“土曜日の夜の虐殺”と呼ばれ、これによりニクソン弾劾の世論が一気に高まり、ニクソンは1年と持たずに74年8月に辞任した。

 13日の議会公聴会でローゼンスタイン司法副長官は「モラー特別検察官を解任する理由は持ち合わせていない」と証言しており、トランプがモラー解任を強行すれば、ニクソンと同様に“自滅の道”を歩むことになるとみられているのだ。

 一方、ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は12日、トランプがコミー前FBI長官との会話の録音テープがあると示唆していたことについて、トランプの身辺警護にあたる大統領警護隊(シークレットサービス)は録音テープの存在を否定したと伝えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  7. 7

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  8. 8

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  9. 9

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る