トランプ大統領 ロシア疑惑捜査の特別検察官解任を検討か

公開日: 更新日:

 トランプ米大統領は、43年前にウォーターゲート事件で辞任に追い込まれたニクソン大統領(当時)と同じ道をたどるのか?――米公共放送PBSは12日、トランプが一連のロシア疑惑の捜査を統括しているモラー特別検察官の解任を検討していると報道した。この報道に、多くの米国民は44年前のある出来事を思い起こした。

 1973年10月20日、ニクソンはボーク司法長官代理を通じて、ウォーターゲート事件を捜査していたコックス特別検察官を解任。突然の解任劇は“土曜日の夜の虐殺”と呼ばれ、これによりニクソン弾劾の世論が一気に高まり、ニクソンは1年と持たずに74年8月に辞任した。

 13日の議会公聴会でローゼンスタイン司法副長官は「モラー特別検察官を解任する理由は持ち合わせていない」と証言しており、トランプがモラー解任を強行すれば、ニクソンと同様に“自滅の道”を歩むことになるとみられているのだ。

 一方、ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は12日、トランプがコミー前FBI長官との会話の録音テープがあると示唆していたことについて、トランプの身辺警護にあたる大統領警護隊(シークレットサービス)は録音テープの存在を否定したと伝えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る