トランプ大統領 ロシア疑惑捜査の特別検察官解任を検討か

公開日:

 トランプ米大統領は、43年前にウォーターゲート事件で辞任に追い込まれたニクソン大統領(当時)と同じ道をたどるのか?――米公共放送PBSは12日、トランプが一連のロシア疑惑の捜査を統括しているモラー特別検察官の解任を検討していると報道した。この報道に、多くの米国民は44年前のある出来事を思い起こした。

 1973年10月20日、ニクソンはボーク司法長官代理を通じて、ウォーターゲート事件を捜査していたコックス特別検察官を解任。突然の解任劇は“土曜日の夜の虐殺”と呼ばれ、これによりニクソン弾劾の世論が一気に高まり、ニクソンは1年と持たずに74年8月に辞任した。

 13日の議会公聴会でローゼンスタイン司法副長官は「モラー特別検察官を解任する理由は持ち合わせていない」と証言しており、トランプがモラー解任を強行すれば、ニクソンと同様に“自滅の道”を歩むことになるとみられているのだ。

 一方、ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は12日、トランプがコミー前FBI長官との会話の録音テープがあると示唆していたことについて、トランプの身辺警護にあたる大統領警護隊(シークレットサービス)は録音テープの存在を否定したと伝えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る