北朝鮮・労働新聞が主張 「ICBM試射近い」報道は本当か

公開日:

 10日付の北朝鮮の労働党機関紙・労働新聞は「米本土まで届く大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発に必要な技術を全て手に入れた」と主張した。トランプ政権を牽制するためのハッタリかと思いきや、口から出任せでもないようだ。

 北朝鮮は先週まで4週連続でミサイルを発射した。そのうち、5月14日の中長距離弾道ミサイル「火星12」の試射で大きな成果を得たようだ。軍事ジャーナリストの世良光弘氏が言う。

「北朝鮮のICBMの開発には、①米本土に到達するミサイルの飛行距離②弾頭部を保護する熱遮断技術③核弾頭の小型化――の3つが必要です。このうち①は、すでに飛行距離1万3000キロのテポドン2の完成でクリア。②も、最高高度が2000キロ以上に達した火星12の試射で、大気圏への再突入時に弾頭部は壊れなかったようなので“成功”とみてよさそうです。残るは③のみ。日本全土がほぼ射程圏内のノドンが搭載できる核弾頭の重量は1000キロ程度。米本土を射程に収めるには、さらに軽量化を進めなければなりません。それでも早ければ、北朝鮮が1年以内にICBMを手にする可能性があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  7. 7

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

もっと見る