北朝鮮・労働新聞が主張 「ICBM試射近い」報道は本当か

公開日: 更新日:

 10日付の北朝鮮の労働党機関紙・労働新聞は「米本土まで届く大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発に必要な技術を全て手に入れた」と主張した。トランプ政権を牽制するためのハッタリかと思いきや、口から出任せでもないようだ。

 北朝鮮は先週まで4週連続でミサイルを発射した。そのうち、5月14日の中長距離弾道ミサイル「火星12」の試射で大きな成果を得たようだ。軍事ジャーナリストの世良光弘氏が言う。

「北朝鮮のICBMの開発には、①米本土に到達するミサイルの飛行距離②弾頭部を保護する熱遮断技術③核弾頭の小型化――の3つが必要です。このうち①は、すでに飛行距離1万3000キロのテポドン2の完成でクリア。②も、最高高度が2000キロ以上に達した火星12の試射で、大気圏への再突入時に弾頭部は壊れなかったようなので“成功”とみてよさそうです。残るは③のみ。日本全土がほぼ射程圏内のノドンが搭載できる核弾頭の重量は1000キロ程度。米本土を射程に収めるには、さらに軽量化を進めなければなりません。それでも早ければ、北朝鮮が1年以内にICBMを手にする可能性があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  5. 5

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  6. 6

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

もっと見る