トランプの弁護士「捜査中止指示」否定 コミー証言に反論

公開日: 更新日:

 8日に行われたロシア政府による米大統領選介入疑惑をめぐるコミー前米連邦捜査局(FBI)長官の公聴会証言。コミー前長官は、フリン前大統領補佐官への捜査打ち切りを求めたトランプ大統領の発言を「指示」と受け止めたと説明。自身の解任後に大統領が「彼は目立ちたがり屋でFBIは混乱状態にあった」と語ったことについて、「政権は私とFBIを中傷(することで解任を正当化しようと)した。明らかにうそだ」と非難した。

 1月6日の初会談後、大統領と1対1で会うたびにメモを残すことにしたのも「大統領が会話の内容についてうそをつくかもしれないと心配したからだ」と語った。

 さらにコミー前長官は、トランプがツイッターで「2人の会話のテープが存在していないことを祈っているんだな」と書き込んだことについて、「テープがあった方がうれしい」と話し、自らの証言に自信を見せる場面もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  2. 2

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る