トランプの弁護士「捜査中止指示」否定 コミー証言に反論

公開日: 更新日:

 8日に行われたロシア政府による米大統領選介入疑惑をめぐるコミー前米連邦捜査局(FBI)長官の公聴会証言。コミー前長官は、フリン前大統領補佐官への捜査打ち切りを求めたトランプ大統領の発言を「指示」と受け止めたと説明。自身の解任後に大統領が「彼は目立ちたがり屋でFBIは混乱状態にあった」と語ったことについて、「政権は私とFBIを中傷(することで解任を正当化しようと)した。明らかにうそだ」と非難した。

 1月6日の初会談後、大統領と1対1で会うたびにメモを残すことにしたのも「大統領が会話の内容についてうそをつくかもしれないと心配したからだ」と語った。

 さらにコミー前長官は、トランプがツイッターで「2人の会話のテープが存在していないことを祈っているんだな」と書き込んだことについて、「テープがあった方がうれしい」と話し、自らの証言に自信を見せる場面もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る