サウジにも姿 ソフトバンク孫社長トランプべったりの狙い

公開日:

 トランプ米大統領は20日、初の外遊先となるサウジアラビアでサルマン国王と会談し、サウジが弾道ミサイルなど約12兆円分の武器を購入することで合意した。両政府の署名式にさりげなく参加していたのが、ソフトバンクグループの孫正義社長だ。

 先日、ソフトバンクはIT分野に投資する「10兆円ファンド」の設立をブチ上げたばかり。サウジはこのファンドに4兆円以上を出資する。どうやら、孫社長はサウジ政府に“関係者”として招かれたらしい。

「10兆円ファンドは、人工知能などを手がける米国内のITベンチャー企業30社近くに投資します。孫社長の狙いは米国の雇用を増やしトランプ大統領を喜ばせることでしょう。新ファンドにはサウジのほか、アップルなど他企業も出資するため、ソフトバンクが出資するのは2兆5000億円ほどです」(経済ジャーナリストの井上学氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る