大手紙“虚報”にヘソ曲げ 小池知事「週内に移転表明」否定

公開日: 更新日:

「来週ってだれが言いました」――。余りのけんまくに報道陣は言葉を失った。先週土曜、豊洲市場の無害化の未達成を直接業者に謝るため、築地市場を訪れた小池都知事。終了後に「移転の判断は来週ともいわれていますが」と記者に聞かれると、メディアへの不信感をロコツにあらわにした。

 この日の業者からの意見聴取でも、大手紙が日替わりで「豊洲移転で決着」と1面トップで伝える現状に「今のメディアは書き放題」と不満を漏らしたが、小池知事がイラつくのも無理はない。

 移転の可否を決められるのは小池知事のみ。さも「豊洲移転」で決まったかのような報道は一様に小池知事本人の意思を確認した形跡はない。当事者への事実確認は取材の大原則。これでは「フェイクニュース」が独り歩きしているようなものだ。

 相手は「ガラガラポン」が好きな人だけに、都政記者の間では「ヘタに刺激すると、土壇場で豊洲移転が引っくり返って“誤報”になる」と、小池知事の機嫌を損ねないようにとの注意喚起が共有されているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る