日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

森友問題の“論功行賞” 佐川理財局長が国税庁長官に昇格

 森友学園問題で“有名人”になった財務省の佐川宣寿理財局長(59)が順当に出世だ。

 政府は28日、迫田英典国税庁長官(57)が退き、後任に佐川氏を充てる人事を固めた。国税庁長官は次官級。来週にも発令される。

 佐川氏は森友問題でたびたび国会答弁に立ち、野党の厳しい追及にも「すべての資料を破棄した」と繰り返して、逃げ回ってきた。次官級への昇格は安倍首相を助けた“論功行賞”の意味合いもありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事