日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

田中原子力規制委員長「ミサイル落とすなら東京がいい」

 原子力規制委員会の田中俊一委員長が6日、関西電力高浜原発がある福井県高浜町の住民らとの意見交換会で、原発を狙った北朝鮮のミサイル攻撃について聞かれ、「私なら東京を狙う」などと“暴言”を吐いた。

 意見交換会は高浜原発3、4号機の再稼働を受けて開催され、周辺自治体の首長や住民ら約30人が出席していた。この中で、田中委員長は「原発は航空機の衝突に耐えられる安全対策がとられている」「小さな原子炉に落とす精度があるのか分からない」などと述べた後、「私だったら東京のど真ん中に落とした方がよっぽど良いと思う」「向こう(東京)には何十万人もいる」などと発言。その直後に「今のは冗談」と付け加えた。終了後、報道陣から問い詰められた田中委員長は「戦争になれば原子炉だけの問題ではなくなるとの意味だった」と釈明し、陳謝した。

 田中委員長といえば、「規制委員会は原発への地震の影響を過小評価していると指摘する地震学者がいる」と聞かれ、その学者の説を“邪教”呼ばわりしてひんしゅくを買うなど問題の多い人物。今回も、出るべくして出た問題発言。冗談にもほどがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事