在キューバ米大使館職員の聴力が低下 謎の音響兵器の正体

公開日: 更新日:

 誰が何の目的で使用したのか――。キューバの首都ハバナにあるアメリカ大使館の職員が原因不明の聴力低下や頭痛などの身体的被害を訴えている不思議な事件は、「高度な音響兵器」が用いられたとの見方が強まっている。「音響兵器」は、すでに戦地で使われている。米国務省やFBIは、ロシアなど第三国が関与しているとみて捜査を始めた。

 音響兵器と聞くと、韓国が北朝鮮を挑発するために軍事境界線に設置している大型スピーカーをイメージしがちだ。ただ、米軍が暴徒鎮圧のためにイラクやアフガンで実際に使用した音響兵器「LRAD(エルラド)」は、相手に向かって音を発射することで、平衡感覚を失わせたり、吐き気を引き起こし、戦意喪失させることを目的にしている。

「今回、キューバで使用された音響兵器とエルラドは、恐らく別物でしょう。エルラドは強力な音圧を発射する際に音が発生しますが、キューバの音響兵器は人間の耳では聞きとれない可聴域外を出すと伝えられています。もっとも、エルラドの技術をもとに開発された新型兵器の可能性はあります」(軍事ジャーナリストの世良光弘氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る