教育、防衛、選挙…解散相場3大テーマの狙い目「21銘柄」

公開日:

 解散相場の主役株を探す動きが加速してきた。

「選挙活動に絡む銘柄は、すでに値上がり傾向を見せています。とはいえ、10月22日の投票日に向け、さらなる盛り上がりが期待できます」(IMSアセットマネジメント代表の清水秀和氏)

 有権者への「投票所入場整理券」発送に使われる封筒を手掛けるイムラ封筒や、世論調査のインテージHD、メガホンのTOA、投票用紙計数機で知られるムサシなどは、先週19日にそろって年初来高値を更新した。

 解散が“本決まり”になる前の9月1日終値と比べると、イムラ封筒やムサシは30%以上も上昇している。

「安倍首相が掲げた教育無償化にかかわる銘柄が、ここ数日、値を上げてきています。こちらも狙い目です」(清水秀和氏)

 保育所関連のライクキッズネクストは59.6%、幼児活動研究会は46.8%、グローバルグループは36.3%の上昇だ。教育無償化で家計負担が減少すれば、その分、学習塾費用に充てられるとの思惑から、塾関連も急騰している。26日は早稲田アカデミーが年初来高値を更新する1801円まで上昇した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る