教育、防衛、選挙…解散相場3大テーマの狙い目「21銘柄」

公開日: 更新日:

 解散相場の主役株を探す動きが加速してきた。

「選挙活動に絡む銘柄は、すでに値上がり傾向を見せています。とはいえ、10月22日の投票日に向け、さらなる盛り上がりが期待できます」(IMSアセットマネジメント代表の清水秀和氏)

 有権者への「投票所入場整理券」発送に使われる封筒を手掛けるイムラ封筒や、世論調査のインテージHD、メガホンのTOA、投票用紙計数機で知られるムサシなどは、先週19日にそろって年初来高値を更新した。

 解散が“本決まり”になる前の9月1日終値と比べると、イムラ封筒やムサシは30%以上も上昇している。

「安倍首相が掲げた教育無償化にかかわる銘柄が、ここ数日、値を上げてきています。こちらも狙い目です」(清水秀和氏)

 保育所関連のライクキッズネクストは59.6%、幼児活動研究会は46.8%、グローバルグループは36.3%の上昇だ。教育無償化で家計負担が減少すれば、その分、学習塾費用に充てられるとの思惑から、塾関連も急騰している。26日は早稲田アカデミーが年初来高値を更新する1801円まで上昇した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る