解散が決定打 日銀黒田総裁の続投で“アベクロ継続”の悪夢

公開日: 更新日:

 衆院の解散が株式市場を刺激している。日経平均は4日続伸し、21日は一時2万481円をつけ年初来高値を更新した。

「投票日といわれる10月22日までに直近高値の2万868円(2015年6月)を目指すでしょう。過去の総選挙では、解散日から投票日まで株価が上昇するケースが目立っています」(株式評論家の杉村富生氏)

 安倍政権は支持率アップのために、新たな経済政策を打ち出すというのが買い材料だが、今回はそればかりではないらしい。日銀の次期総裁人事が絡んでいるのだ。

自民党が勝てば、日銀の黒田東彦総裁の続投が決まるとの読みです。来年4月に黒田総裁は任期満了ですが、有力な次期総裁候補は見当たりません。黒田総裁が掲げる2%の物価上昇は実現していないし、自民勝利で安倍首相との“アベクロ”コンビは継続でしょう」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る