江東区&大田区 埋め立て地の帰属で狙う“二匹目のお台場”

公開日: 更新日:

「なぜゴミの島が欲しいの?」――。こんな疑問が聞こえてくる。

 江東区と大田区がその帰属を主張していた臨海部の「中央防波堤埋立地」について、東京都は16日、江東区に86.2%、大田区に13.8%の調停案を示した。江東区は受け入れの姿勢を示しているが、大田区議会の経済財政委は17日、調停案を受け入れない方針を可決した。

 埋め立てが始まったのは今から44年前の1973年。東京都は大田区のノリ養殖業者の了解を得て埋め立てを開始。江東区の道路から1日に5000台分のゴミが搬入された。そのため大田区は「ノリ養殖業者が廃業を余儀なくされた」、江東区は「区民はトラックと悪臭、ハエの大量発生に我慢してきた」という理由で埋め立て地が自分たちに100%帰属されるべきだと主張してきた。

 現在、埋め立て地は509ヘクタール。東京ドーム106個分に及ぶ。東京五輪のボート会場となるため国の補助金が区に入るとか、カジノなどを開設した場合、収入が増えるという声があるが、東京都によるとそうしたメリットはないそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    安倍昭恵夫人の“奇抜ドレス”「即位礼正殿の儀」をブチ壊し

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  5. 5

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  6. 6

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  7. 7

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  8. 8

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  9. 9

    ラグビー協会に内紛…ジョセフHC続投に“慎重論”で大迷走

  10. 10

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る