江東区&大田区 埋め立て地の帰属で狙う“二匹目のお台場”

公開日:

「なぜゴミの島が欲しいの?」――。こんな疑問が聞こえてくる。

 江東区と大田区がその帰属を主張していた臨海部の「中央防波堤埋立地」について、東京都は16日、江東区に86.2%、大田区に13.8%の調停案を示した。江東区は受け入れの姿勢を示しているが、大田区議会の経済財政委は17日、調停案を受け入れない方針を可決した。

 埋め立てが始まったのは今から44年前の1973年。東京都は大田区のノリ養殖業者の了解を得て埋め立てを開始。江東区の道路から1日に5000台分のゴミが搬入された。そのため大田区は「ノリ養殖業者が廃業を余儀なくされた」、江東区は「区民はトラックと悪臭、ハエの大量発生に我慢してきた」という理由で埋め立て地が自分たちに100%帰属されるべきだと主張してきた。

 現在、埋め立て地は509ヘクタール。東京ドーム106個分に及ぶ。東京五輪のボート会場となるため国の補助金が区に入るとか、カジノなどを開設した場合、収入が増えるという声があるが、東京都によるとそうしたメリットはないそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る