江東区&大田区 埋め立て地の帰属で狙う“二匹目のお台場”

公開日: 更新日:

「なぜゴミの島が欲しいの?」――。こんな疑問が聞こえてくる。

 江東区と大田区がその帰属を主張していた臨海部の「中央防波堤埋立地」について、東京都は16日、江東区に86.2%、大田区に13.8%の調停案を示した。江東区は受け入れの姿勢を示しているが、大田区議会の経済財政委は17日、調停案を受け入れない方針を可決した。

 埋め立てが始まったのは今から44年前の1973年。東京都は大田区のノリ養殖業者の了解を得て埋め立てを開始。江東区の道路から1日に5000台分のゴミが搬入された。そのため大田区は「ノリ養殖業者が廃業を余儀なくされた」、江東区は「区民はトラックと悪臭、ハエの大量発生に我慢してきた」という理由で埋め立て地が自分たちに100%帰属されるべきだと主張してきた。

 現在、埋め立て地は509ヘクタール。東京ドーム106個分に及ぶ。東京五輪のボート会場となるため国の補助金が区に入るとか、カジノなどを開設した場合、収入が増えるという声があるが、東京都によるとそうしたメリットはないそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

もっと見る