• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新ルート導入で新宿も危険? 旅客機の部品が落ちてくる日

「またか」とあきれた人もいるだろう。

 茨城県稲敷市で全日空機から剥がれたパネルが発見された。パネルは横幅147センチの強化プラスチック製で重さ3.14キロ。今月7日に中国から成田空港に向かっていた全日空936便が落としたものだった。この機体は翌8日もパネルを落としたが、こちらはまだ見つかっていない。

 落下事故といえば、23日に関西空港を離陸したKLMオランダ航空機から重さ4.3キロのパネルが大阪市の繁華街に落ちたばかり。停車中のクルマに落下し、ケガ人は出なかったが、一歩間違ったら大参事だった。

 こうした事態に国交省は「航空会社に原因をきっちり究明し、対策を講じるよう指示した」(航空事業安全室)というが、旅客機の部品落下は年間に57件も起きている。看過できない問題だ。


 航空評論家の青木謙知氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  9. 9

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  10. 10

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

もっと見る