新ルート導入で新宿も危険? 旅客機の部品が落ちてくる日

公開日: 更新日:

「またか」とあきれた人もいるだろう。

 茨城県稲敷市で全日空機から剥がれたパネルが発見された。パネルは横幅147センチの強化プラスチック製で重さ3.14キロ。今月7日に中国から成田空港に向かっていた全日空936便が落としたものだった。この機体は翌8日もパネルを落としたが、こちらはまだ見つかっていない。

 落下事故といえば、23日に関西空港を離陸したKLMオランダ航空機から重さ4.3キロのパネルが大阪市の繁華街に落ちたばかり。停車中のクルマに落下し、ケガ人は出なかったが、一歩間違ったら大参事だった。

 こうした事態に国交省は「航空会社に原因をきっちり究明し、対策を講じるよう指示した」(航空事業安全室)というが、旅客機の部品落下は年間に57件も起きている。看過できない問題だ。


 航空評論家の青木謙知氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る