新ルート導入で新宿も危険? 旅客機の部品が落ちてくる日

公開日: 更新日:

「またか」とあきれた人もいるだろう。

 茨城県稲敷市で全日空機から剥がれたパネルが発見された。パネルは横幅147センチの強化プラスチック製で重さ3.14キロ。今月7日に中国から成田空港に向かっていた全日空936便が落としたものだった。この機体は翌8日もパネルを落としたが、こちらはまだ見つかっていない。

 落下事故といえば、23日に関西空港を離陸したKLMオランダ航空機から重さ4.3キロのパネルが大阪市の繁華街に落ちたばかり。停車中のクルマに落下し、ケガ人は出なかったが、一歩間違ったら大参事だった。

 こうした事態に国交省は「航空会社に原因をきっちり究明し、対策を講じるよう指示した」(航空事業安全室)というが、旅客機の部品落下は年間に57件も起きている。看過できない問題だ。


 航空評論家の青木謙知氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  8. 8

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  9. 9

    伊藤沙莉は“性格の悪い女が似合う女優”脇役での受賞は異例

  10. 10

    野手登板に巨人OB賛否分裂 原“傲慢采配”を呼んだ真の問題

もっと見る