心理に異変? 安倍首相のツイートに「読点多すぎ」の指摘

公開日:

 安倍首相の“米国のポチ”ぶりが改めてわかった日米首脳会談。トランプ大統領が日本を出発した7日午前、安倍首相は会談の成果をツイッターで自画自賛。悦に入っている様子なのだが、その文面が「読点が多すぎて読みづらい」と不評を買っている。

 問題のツイートは<トランプ大統領による、初の、歴史的な日本訪問は、間違いなく、日米同盟の揺るぎない絆を世界に示すことができました>というもの。確かに、「による」「初の」「間違いなく」の後の読点は不要に思え、ない方が読みやすい。

 同様の指摘は安倍首相のほかのツイートにも飛び火。<すべての拉致被害者の御家族が、ご自身の手で肉親を抱きしめる、その日まで、私の使命は終わりません><トランプ大統領の来日を、心より歓迎します!今から、さっそくハンバーガーでビジネスランチです>といった前日および前々日のつぶやきもヤリ玉に挙がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る