食後の感想がワンパターン…安倍首相の“ボキャ貧”が話題に

公開日:  更新日:

 7月30日、福島県特産の桃をPRする「ミスピーチ」の訪問を受けた安倍晋三首相。官邸で試食用の桃を頬張り、「甘くてジューシー」と感想を述べ、そのご満悦な様子が各メディアで報じられたが、これを受け、ネット上では首相の貧困なボキャブラリーが話題になっている。

 安倍首相は6月11日、茨城県鉾田市の特産品PRで「ほこたブランド大使」の訪問を受けたが、このときも贈呈されたメロンを食べて「とっても甘くてジューシーだ」と笑顔を見せる姿が各メディアで報じられた。

 2月26日には神奈川県の三浦半島酪農組合連合会が首相を表敬。高級和牛「葉山牛」を食した安倍首相は、「深い味わいでおいしい。非常にジューシーだね」とニッコリ。昨年7月24日に「おいしいふくしま、できました。」のキャンペーンクルーを招いた際には、キュウリとトマトを試食し、やはり「ジューシーだ。風評被害をみんなで吹っ飛ばそう」と気勢を上げていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る