• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

金融危機へ一直線 次期日銀総裁に首相側近は極めて危うい

 メガバンクが大リストラプランを打ち出している。みずほは今後10年でグループ総従業員数の約4分の1に相当する1万9000人の人員削減を宣言。三菱UFJは今後6年半で9500人、三井住友は今後3年で4000人の業務を削減し、3行合計で3万2500人分もの人員が宙に浮くことになる。

 メガバンク3行は、そろって大規模な店舗の統廃合も検討しており、銀行業界が大リストラ時代に突入したことを告げた。その背景には黒田日銀の異次元緩和の長期化によって、超低金利の状況が無軌道なままに続いていることがある。

 黒田日銀がゼロ金利からマイナス金利にまで踏み込み、銀行の利ざやは大幅に縮小した。マネーがダブつく世の中で、貸し出し需要は底をつき、資金を預かっても融資先は見つからない。この状況下で金融機関が利益を生み出すのは難しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事