難破船というより“北の海賊船” ソーラーパネルなぜ盗んだ

公開日:

 難破船というより「海賊船だ」――。

 北海道松前町の松前小島に北朝鮮の木造船が漂着し、乗組員が物品を持ち去ったことが話題になっている。11月28日に北海道警がヘリを飛ばし、船が流れ着いていることを確認。その後、避難小屋の内部が荒らされ、テレビや冷蔵庫、炊飯器、バイクなどが持ち去られていることが分かった。さらに高台にある灯台の電源用ソーラーパネル4枚も消えていた。

「バイクやテレビなどは船に積んだものの、証拠隠滅のために海に捨てたようです。木造船は海上保安部の船に曳航され、現在は北斗市の上磯漁港の沖合3キロに横付けされています。物品がどういう経緯で盗まれたのかはまだはっきり分かっていません。テレビや炊飯器はともかく、ソーラーパネルは縦119センチ、横197センチの大型。数人がかりでないと運べない重さです」(地元関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る