昨年比7倍増 押し寄せる漂着船に込められた「北の警告」

公開日:

 7日、新潟県佐渡市の沖合などで北朝鮮籍とみられる木造船3隻が漂流しているのが見つかった。海上保安庁によると、日本海沿岸で11月に北朝鮮籍とみられる難破船が見つかったのは28件と、昨年同月比で7倍に急増。これは偶然ではなく、北朝鮮の“警告”が込められているという。

 北朝鮮の木造船が日本海の荒波を乗り越え、1000キロ以上離れた日本沿岸まで続々と押し寄せているのは金正恩委員長の指令があるためだ。慢性的な食料不足に陥っている北朝鮮では、冬場の漁業を「冬季漁獲戦闘」と称して奨励している。

「乗組員が死をも恐れずやってくるのは、漁獲を“戦闘”と捉えているためでしょう」(軍事ジャーナリストの世良光弘氏)

 金正恩の狙いは日本の水産資源だけではない。先月、北海道松前町に漂着した木造船からは日本製のテレビや冷蔵庫、電源用ソーラーパネルが見つかった。本国に持ち帰ろうとした疑惑が浮上している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る