安倍首相の元秘書 酔って下関市議を押し倒し重傷負わす

公開日:  更新日:

 安倍首相の元秘書が酔って暴行し、相手に重傷を負わせていたことが分かった。

 自民党の平岡望山口県議(44=下関市選挙区)で、1日夜に下関市内で開かれた自民党下関支部の忘年会で同市の男性市議(69)と口論になり、押し倒した。その際、左足首を骨折する重傷を負わせていた。支部長を務める平岡は、市議から「おまえ」と声をかけられたことにブチ切れたという。

 市議は平岡氏に、「支部長としての謝罪と、治療費などの補償」を要求。刑事告訴は平岡氏の対応次第としている。

 忘年会には、共に下関が地盤の安倍首相と林芳正文科相のそれぞれの地元秘書ら約20人も参加。3月の下関市長選では、平岡氏が選対に入った安倍首相の元秘書の新人が、男性市議らが推す林文科相に近い現職を破り初当選した。まさか場外バトルだったとか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

もっと見る