• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

口つけたコップで女性に飲酒強要 狛江市長セクハラの弁解

 東京・狛江市の高橋都彦市長(66)のセクハラ騒動がどんどん大きくなっている。

 昨年9月に共産党市議団が、女性職員がセクハラを受けたとの情報を入手。西村敦子市議が情報公開請求をして内部文書を開示させた。女性は2014年4月の歓送迎会で「大きい体してるんだから飲めるだろ」と市長が口をつけたコップで何度も飲むことを強要され、非常に不愉快な思いをしたという。セクハラの被害者は複数いて、エレベーター内で尻を触られたり、クルマの中で手を握られたりしたことも記されている。

 ただ、文書は黒塗り部分が多いため、高橋氏が“犯人”であるとは特定されていない。そのせいか、議会で追及された高橋氏は「ここに記載されているもので心当たりのあるものは一つもない」と全面的に否定している。

 共産党狛江市議団長の田中とも子氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  3. 3

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  4. 4

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  9. 9

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  10. 10

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

もっと見る