ネットに「バカ」と投稿し裁判沙汰 スラップ訴訟にご用心

公開日: 更新日:

 ネット上の書き込みは「便所の落書き」なんていわれたものだが、今はもう「しょせん落書き」では済まされない。先日も、プロ野球選手の妻を「ブス」などと誹謗中傷していた女性が訴えられている。

 もちろん相手が「有名人」だろうが「一般人」だろうが、「書き込み」だろうが「口頭」だろうが、誹謗中傷を続けていると裁判沙汰になりかねない。

 弁護士の山口宏氏がこう言う。

「たとえば職場の上司が部下に向かって『バカ』『デブ』『ブス』『このハゲ!』などと面罵し、『嫌がっているのに人前で言い続けられた』と名誉毀損で訴えられるケースは実際にあります。ただ、名誉毀損罪は、具体的な事実を示して公然と名誉を損う恐れがある行為をしないと成立しません。単に『バカ』とののしるだけでは難しいですが、それで侮辱罪に問われる可能性はある。内容によっては慰謝料が10万円以下になります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る