• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ネットに「バカ」と投稿し裁判沙汰 スラップ訴訟にご用心

 ネット上の書き込みは「便所の落書き」なんていわれたものだが、今はもう「しょせん落書き」では済まされない。先日も、プロ野球選手の妻を「ブス」などと誹謗中傷していた女性が訴えられている。

 もちろん相手が「有名人」だろうが「一般人」だろうが、「書き込み」だろうが「口頭」だろうが、誹謗中傷を続けていると裁判沙汰になりかねない。

 弁護士の山口宏氏がこう言う。

「たとえば職場の上司が部下に向かって『バカ』『デブ』『ブス』『このハゲ!』などと面罵し、『嫌がっているのに人前で言い続けられた』と名誉毀損で訴えられるケースは実際にあります。ただ、名誉毀損罪は、具体的な事実を示して公然と名誉を損う恐れがある行為をしないと成立しません。単に『バカ』とののしるだけでは難しいですが、それで侮辱罪に問われる可能性はある。内容によっては慰謝料が10万円以下になります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る