ネットに「バカ」と投稿し裁判沙汰 スラップ訴訟にご用心

公開日:

 ネット上の書き込みは「便所の落書き」なんていわれたものだが、今はもう「しょせん落書き」では済まされない。先日も、プロ野球選手の妻を「ブス」などと誹謗中傷していた女性が訴えられている。

 もちろん相手が「有名人」だろうが「一般人」だろうが、「書き込み」だろうが「口頭」だろうが、誹謗中傷を続けていると裁判沙汰になりかねない。

 弁護士の山口宏氏がこう言う。

「たとえば職場の上司が部下に向かって『バカ』『デブ』『ブス』『このハゲ!』などと面罵し、『嫌がっているのに人前で言い続けられた』と名誉毀損で訴えられるケースは実際にあります。ただ、名誉毀損罪は、具体的な事実を示して公然と名誉を損う恐れがある行為をしないと成立しません。単に『バカ』とののしるだけでは難しいですが、それで侮辱罪に問われる可能性はある。内容によっては慰謝料が10万円以下になります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る