ネットに「バカ」と投稿し裁判沙汰 スラップ訴訟にご用心

公開日:

 ネット上の書き込みは「便所の落書き」なんていわれたものだが、今はもう「しょせん落書き」では済まされない。先日も、プロ野球選手の妻を「ブス」などと誹謗中傷していた女性が訴えられている。

 もちろん相手が「有名人」だろうが「一般人」だろうが、「書き込み」だろうが「口頭」だろうが、誹謗中傷を続けていると裁判沙汰になりかねない。

 弁護士の山口宏氏がこう言う。

「たとえば職場の上司が部下に向かって『バカ』『デブ』『ブス』『このハゲ!』などと面罵し、『嫌がっているのに人前で言い続けられた』と名誉毀損で訴えられるケースは実際にあります。ただ、名誉毀損罪は、具体的な事実を示して公然と名誉を損う恐れがある行為をしないと成立しません。単に『バカ』とののしるだけでは難しいですが、それで侮辱罪に問われる可能性はある。内容によっては慰謝料が10万円以下になります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る