絶妙タイミングで再訪中 金正恩の狙いと習近平会談の中身

公開日: 更新日:

 神出鬼没の金正恩委員長に、国際社会が驚愕している。突然、中国の大連を訪問し、習近平主席と会談していたことが分かった。しかも、7日、8日の2日間、じっくりと話し込んでいる。正恩は3月に訪中したばかり。短期間に首脳会談を重ねるのは異例だ。いったい、なにをしに行ったのか。トランプ大統領がピリピリしていることは間違いない。

 3月の電撃訪中に続き、習近平と会談した金正恩。狙いはハッキリしている。6月上旬に予定されている「米朝会談」の前に「後ろ盾」である中国の存在をトランプに見せつけようとしたのは明らかだ。

 訪中は絶妙のタイミングだった。

「いまアメリカと北朝鮮は、米朝会談にむけて最後のせめぎ合いをしています。アメリカのポンペオ国務長官は『非核化だけでなくミサイルも放棄しろ』とハードルを上げ、北朝鮮も『相手を意図的に刺激する行為は危険な試みだ』とアメリカを非難している。正恩委員長の訪中は、駆け引きの真っ最中に行われた。トランプ大統領が苦々しく思っているのは確かでしょう。中・朝が一体化したら、たとえ米朝会談が決裂しても、さすがにアメリカも北朝鮮を攻撃できない。北朝鮮のために軍事大国の中国と戦争するわけにはいきませんからね」(国際問題ジャーナリスト・太刀川正樹氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  4. 4

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  5. 5

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  8. 8

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  9. 9

    小池知事“ひとり相撲”で泥縄の大誤算…情弱で対応周回遅れ

  10. 10

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

もっと見る