娘2人の次は母親…韓国財閥一家が“怒りの矛先”になる背景

公開日: 更新日:

 娘2人で終わらず、ついに母親も吊るし上げだ。

 大韓航空や韓進海運などを束ねる韓国の財閥「韓進グループ」の創業家一族によるパワハラ騒動。6日、同グループの趙亮鎬会長の妻・李明姫氏が暴行と業務妨害の容疑で立件され、一族に対する韓国世論の怒りは収まる気配がない。

 韓国メディアによると、4日の抗議集会では、市民や大韓航空の従業員ら約500人が「横暴王の趙亮鎬は退陣せよ、横暴・暴行の李明姫を逮捕せよ」とシュプレヒコールをあげたという。ナッツの出し方にキレて搭乗機を引き返させて批判を浴びた「ナッツ姫」こと趙顕娥元副社長や、会議中にコップを叩き付けた「水かけ姫」こと趙顕ミン前専務は、同グループ会長の娘たちだ。

 この一族のパワハラがここまで社会問題化しているのはなぜか。韓国社会に詳しい国際ジャーナリストの太刀川正樹氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る