2020年東京五輪の入場券 最高価格は開会式28万8千円で検討

公開日: 更新日:

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が五輪の一般向けの入場券の最高価格は、開会式が28万8000円、競技では陸上の10万8000円で検討していることが分かった。15日、入場券に関する有識者会議で協議する。

 パラリンピックの最高価格は、開会式が14万4100円、競技は陸上や水泳の6500円と設定する方針だ。

 入場券は幅広い価格設定がなされる見込み。一般の入場券の他に小学生を対象とした1000~2020円の入場券や、家族向けに1人当たり1600~6100円で購入できる3~4枚組のものや、車いす観戦者とその同伴者向けの企画チケットも検討している。

 入場券価格案は7月の国際オリンピック委員会理事会で検討される。

 ところで五輪入場券は、ネットオークションなどで転売され、さらに高騰する可能性がある。総務省などが入場券販売の際に国のマイナンバー制度を活用して個人認証を行い、不正転売を防止する案も検討している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  6. 6

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  7. 7

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る