2020年東京五輪の入場券 最高価格は開会式28万8千円で検討

公開日:  更新日:

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が五輪の一般向けの入場券の最高価格は、開会式が28万8000円、競技では陸上の10万8000円で検討していることが分かった。15日、入場券に関する有識者会議で協議する。

 パラリンピックの最高価格は、開会式が14万4100円、競技は陸上や水泳の6500円と設定する方針だ。

 入場券は幅広い価格設定がなされる見込み。一般の入場券の他に小学生を対象とした1000~2020円の入場券や、家族向けに1人当たり1600~6100円で購入できる3~4枚組のものや、車いす観戦者とその同伴者向けの企画チケットも検討している。

 入場券価格案は7月の国際オリンピック委員会理事会で検討される。

 ところで五輪入場券は、ネットオークションなどで転売され、さらに高騰する可能性がある。総務省などが入場券販売の際に国のマイナンバー制度を活用して個人認証を行い、不正転売を防止する案も検討している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る