東京五輪サッパリ集まらず 警備員は人手不足のスパイラル

公開日: 更新日:

 2020年の東京五輪の警備はスカスカになる――。警察庁が民間の警備会社の人員確保について実態調査を行ったところ、90%以上の業者が人手不足を感じていることが19日、有識者会議の「報告書」で分かった。2年後に迫った東京五輪では大量の警備員が必要だ。そうでなくとも、深刻な人手不足のご時世。大丈夫なのか。

 警備業法が施行された1972年の業者数は775業者(警備員数約4万人)だったが、16年末は9434業者(同約54万人)に増加。ここ数年は横ばいで推移しているが、警備員は人手不足の逆風をモロに受けている。厚労省によると、16年度の警備員の有効求人倍率はナント6.53倍。全体の平均は1.23倍だから、抜きんでている。

 人員不足の要因で「大いにあてはまる」は、「賃金水準が低く確保が困難」が79.3%、「高齢化が進み、新規就労者も少ない」が78.6%で、「需要増加」も57.1%あった。需要旺盛も、給料が安く、人手が確保できない――まさに、典型的な人手不足の悪循環である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  2. 2

    菅政権「同じ支援」の約束反故 黙殺される独自宣言16道県

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  5. 5

    春菜と友近が個室会食情報…“反”吉本芸人「集結」の狙いは

  6. 6

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  7. 7

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  10. 10

    徹底した補償も盛り込まれていない間抜けな補正予算案

もっと見る