U23代表入り浮上も 日ハム清宮「東京五輪出場」の最低条件

公開日:

 清宮幸太郎(18)が今オフ、日の丸ユニホームを着る可能性が出てきた。

 10月にニカラグアで行われる国際大会のU23W杯。侍ジャパンの稲葉監督はプロアマ混成チームで臨む方針だ。清宮の代表入りについては「当然、可能性はある」と話せば、強化本部長の山中正竹氏も「清宮はポテンシャルが高い。ああいう人を育てるのが責務のひとつ」と言及した。

 2年後の20年東京五輪に向け、U23は国際舞台を経験できる数少ない場。大会の知名度は低いものの、清宮が参加すれば、ファン、マスコミの注目度は高まるだろうが、開催時期はポストシーズンの真っただ中。仮に日本ハムがCS、日本シリーズに進出し、清宮が一軍でベンチ入りしていれば、出場は難しくなる。清宮自身も「すべては結果を残してからと思います。このファイターズで活躍することが第一目標ですし、まずはそこに徹したいです」と言っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る