U23代表入り浮上も 日ハム清宮「東京五輪出場」の最低条件

公開日: 更新日:

 清宮幸太郎(18)が今オフ、日の丸ユニホームを着る可能性が出てきた。

 10月にニカラグアで行われる国際大会のU23W杯。侍ジャパンの稲葉監督はプロアマ混成チームで臨む方針だ。清宮の代表入りについては「当然、可能性はある」と話せば、強化本部長の山中正竹氏も「清宮はポテンシャルが高い。ああいう人を育てるのが責務のひとつ」と言及した。

 2年後の20年東京五輪に向け、U23は国際舞台を経験できる数少ない場。大会の知名度は低いものの、清宮が参加すれば、ファン、マスコミの注目度は高まるだろうが、開催時期はポストシーズンの真っただ中。仮に日本ハムがCS、日本シリーズに進出し、清宮が一軍でベンチ入りしていれば、出場は難しくなる。清宮自身も「すべては結果を残してからと思います。このファイターズで活躍することが第一目標ですし、まずはそこに徹したいです」と言っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  9. 9

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る