3連敗のDeNA 拙守連発は“東京五輪仕様”の人工芝も一因か

公開日: 更新日:

 バックが崩れた。

 25日、DeNAが2ケタ11失点で広島に連敗。原因は“記録より記憶に残る”お粗末な守備だ。

 二回途中、7失点で降板した投手の京山もひどかったが、それが野手に伝染した。三回の先頭、投手の岡田が打った一塁線の打球をロペスが捕れず右前打。続く田中の内野安打も二塁・倉本が打球を捕り損なったものだった。

 これで無死一、二塁。菊池の中前打で満塁となった後、丸が併殺コースの二ゴロを打つも、倉本からトスを受けた遊撃・大和がポロリだ。さらに松山に二塁打を許し、この回だけで3失点。記録上は「ノーエラー」だが、投手はたまったものではないだろう。

 拙守の原因のひとつは昨オフに張り替えた人工芝にある。永池内野守備走塁コーチはこう言う。

「芝生が乾いているときと濡れているときでは打球の跳ね方が変わってくるんですが、(ハマスタの新しい芝は)長いので水分を含みやすい傾向にあります。選手はそれに慣れていないのかなと。オープン戦の期間中、あまり(ハマスタで)試合をやれなかったというのがある。言い訳かもしれないけど、やっぱりホーム(球場)なので、シーズンでは試合も多くやることになる。もう少し経ったら芝も寝てくるだろうから、そこも練習していくしかない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  5. 5

    “バブル崩壊”の証拠画像!柔道「銀」のジョージア代表ご一行が東京タワーに出没

  6. 6

    “キツい顔”今田美桜は宝くじCMでコメディエンヌの才能を開花させた

  7. 7

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  8. 8

    【卓球】シングルス惨敗の要因は「Tリーグ」か…中国は徹底した防御策を敷いてきた

  9. 9

    抗体カクテル「ロナプリーブ」の実力は? 菅首相の唐突宣言で注目、新型コロナから国民を救えるのか 

  10. 10

    ワクチン前倒し要請はスルーされ…菅さんも河野さんも使えないったらないのだけれど

もっと見る