栄本部長辞任でも 日本女子レスリング東京五輪安泰の理由

公開日: 更新日:

 6日、日本レスリング協会は都内で緊急理事会を開き、五輪4連覇の伊調馨(33)らに対するパワハラが問題になっていた栄和人強化本部長(57)が辞任したことを発表した。

 理事会の冒頭、栄氏が監督を務める至学館大の谷岡学長が「本人から預かってきました」と、辞表を提出。そこには「自分の不徳の致すところです」との言葉も書かれていたという。

 協会がパワハラ問題の調査を委託した第三者機関は、報告書内で栄氏の以下の4件をそれと認定している。

①日本代表合宿での「よく俺の前でレスリングができるな」との発言

②伊調が出場しなかった10年アジア大会(中国・広州)の不透明な選手選考

③田南部コーチに「伊調の指導をするな」と言ったこと


④合宿中、田南部コーチに「目障りだ! 出てけ!」と罵倒

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る