栄本部長辞任でも 日本女子レスリング東京五輪安泰の理由

公開日: 更新日:

 6日、日本レスリング協会は都内で緊急理事会を開き、五輪4連覇の伊調馨(33)らに対するパワハラが問題になっていた栄和人強化本部長(57)が辞任したことを発表した。

 理事会の冒頭、栄氏が監督を務める至学館大の谷岡学長が「本人から預かってきました」と、辞表を提出。そこには「自分の不徳の致すところです」との言葉も書かれていたという。

 協会がパワハラ問題の調査を委託した第三者機関は、報告書内で栄氏の以下の4件をそれと認定している。

①日本代表合宿での「よく俺の前でレスリングができるな」との発言

②伊調が出場しなかった10年アジア大会(中国・広州)の不透明な選手選考

③田南部コーチに「伊調の指導をするな」と言ったこと


④合宿中、田南部コーチに「目障りだ! 出てけ!」と罵倒

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

もっと見る