栄本部長辞任でも 日本女子レスリング東京五輪安泰の理由

公開日: 更新日:

 6日、日本レスリング協会は都内で緊急理事会を開き、五輪4連覇の伊調馨(33)らに対するパワハラが問題になっていた栄和人強化本部長(57)が辞任したことを発表した。

 理事会の冒頭、栄氏が監督を務める至学館大の谷岡学長が「本人から預かってきました」と、辞表を提出。そこには「自分の不徳の致すところです」との言葉も書かれていたという。

 協会がパワハラ問題の調査を委託した第三者機関は、報告書内で栄氏の以下の4件をそれと認定している。

①日本代表合宿での「よく俺の前でレスリングができるな」との発言

②伊調が出場しなかった10年アジア大会(中国・広州)の不透明な選手選考

③田南部コーチに「伊調の指導をするな」と言ったこと


④合宿中、田南部コーチに「目障りだ! 出てけ!」と罵倒

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

もっと見る