室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

国民や市民のために働く名古屋市消防局員の爪の垢でも…

公開日:

「救助はすぐ側まで来ています。必ずあなたを助けます」(名古屋市消防局)

 これは7日、名古屋市消防局の公式アカウントにあげられたツイート。

〈市消防局によると、愛知県の緊急消防援助隊の一員として、被害が深刻な岡山県倉敷市へ移動中の担当者が(中略)、救助を待つ被災者の不安を和らげようとツイッターに投稿した〉(毎日新聞電子版9日付)ものだという。

〈隊はその後、同市真備町に到着。9日朝までに水没しかけた住宅に取り残された98人を救出した〉(同)

 すばらしい! ツイートにはたくさんの感謝のコメントが寄せられたという。

 最近はぶっ壊れた公務員(官僚)が多いが、彼らは素敵だ。国民や市民のために働きたい、そういう純粋な考えを失っていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る