室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

いかがわしい統治者の「パンとサーカス」と知っていても…

公開日:

「日本代表の皆さんに感動をありがとうと言いたいです。2週間、本当に良い夢を見させてもらいました」(安倍晋三首相)

 ワールドカップ、日本VSベルギーは、とてもいい試合だった。ベルギー相手に日本はよくがんばった。感動した。

 試合を見てからちょっとだけ仮眠をした。気持ちを切り替えて仕事をしなくちゃと思うのだが、どうしてもベルギー戦のことが忘れられなかった。名残惜しいの。

 どっかで試合のことをやっていないかとテレビをつけたら、ウギャーッ! この方のドアップが出てきたよ。官邸でぶらさがりのインタビューを受けている様子。

 あなたも2週間、楽しんだんか? よくそんな余裕あるね。

〈参院は(6月)27日の本会議で~中略~森友学園問題について「国有財産の管理、処分手続きを明確化し、適切に行政文書を作成、管理すべきだ」と内閣に求める警告決議も賛成多数で可決した〉(27日付・時事通信電子版)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る