室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

加計理事長の会見を認めない 雲隠れしていて結局それかい

公開日: 更新日:

「学園職員が起こした不適切な言動につきまして、(中略)学園の代表者として深くお詫び申し上げます」(学校法人加計学園理事長・加計孝太郎)

 これは19日、加計学園理事長のようやく開いた会見での言葉。

 出た、トカゲの尻尾切り! 1年以上も雲隠れしていて、悪だくみをする時間はいっぱいあったのに、結局、それかい!

 会見ではっきり言い切ったのは、「安倍首相と自分が面談したというのは、学園職員がついた嘘」ということ。てか、それを言いたいがため、タイミングを見計らって出て来たのよね。

「担当者から事を前に進めるために言った、との報告を受けている」だって。

 じゃあさ、愛媛県から出てきた文書が嘘かいな? しかし、そう問われると、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  4. 4

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る