室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

米朝首脳会談 忠誠外交よりディール外交の勝利ってこと?

公開日: 更新日:

「ベリーベリーグッド!素晴らしい関係だ」

 これは12日、トランプ米大統領が、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との通訳だけを交えた会談を終えた後、報道陣に会談の感想を問われ、語った言葉(産経ニュース電子版から)。

 やはり、この2人はフィーリングが合うんかな? 忠誠外交より、ディール外交の勝利ってこと?

 俺様で俺絶対なトランプさんからしたら、ポチのように忠誠を誓う人間が、ちょっとでも意に沿わないまねをしたら、死ぬほど腹を立てるだろう。でもって、徹底的に嫌がらせをしてくるに違いない。

 けど逆に、これまで自分の意に沿わず難癖つけていた人間が、自分に笑顔を見せ、軽い謝辞を述べるだけで、こいつは悪いやつじゃない、ってなるんだろうな。

 この構図、どっかで見たような……。あ、分かった! 池上遼一先生の漫画の世界だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  9. 9

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る