室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

米朝首脳会談 忠誠外交よりディール外交の勝利ってこと?

公開日:

「ベリーベリーグッド!素晴らしい関係だ」

 これは12日、トランプ米大統領が、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との通訳だけを交えた会談を終えた後、報道陣に会談の感想を問われ、語った言葉(産経ニュース電子版から)。

 やはり、この2人はフィーリングが合うんかな? 忠誠外交より、ディール外交の勝利ってこと?

 俺様で俺絶対なトランプさんからしたら、ポチのように忠誠を誓う人間が、ちょっとでも意に沿わないまねをしたら、死ぬほど腹を立てるだろう。でもって、徹底的に嫌がらせをしてくるに違いない。

 けど逆に、これまで自分の意に沿わず難癖つけていた人間が、自分に笑顔を見せ、軽い謝辞を述べるだけで、こいつは悪いやつじゃない、ってなるんだろうな。

 この構図、どっかで見たような……。あ、分かった! 池上遼一先生の漫画の世界だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る