近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

東大卒、国際情報学修士。講談社で中国を中心に取材を続け、現在「週刊現代」編集次長。明大講師も務める。新著に「未来の中国年表」。著書多数。

米中貿易戦争で疲弊…習近平が仕掛ける「日中共同声明」

公開日: 更新日:

「今回の米国との貿易戦争で分かったのは、いまの中国の実力では、米国にガチンコの戦いを挑んでも勝ち目はないということだった。だから何とかして、トランプ政権との争いの火消しに努めないといけない」

 こう漏らすのは、ある中国の外交関係者だ。

 習近平主席は、7月19日から28日まで、UAE、セネガル、ルワンダ、南アフリカ、モーリシャスと10日間かけて5カ国を歴訪。米国の一国主義を非難し、「中国は自由貿易とグローバリズムの守護者である」と説いて回った。

 だが、いくら正義は中国にあっても、現実に中国経済には大きなヒビが入ってしまった。

 先週、上海から来日した富裕層の会社社長は、こうこぼした。

「上海では株価は落ちるし、デパートや高級レストランは閑古鳥が鳴いている。それでも北京政府は資本流出を恐れて、私がこうやって日本へ出張に来る際にも、たった5000ドル(約56万円)しか銀行から下ろせないんだから、ビジネスにならない。海外での土産購入も、1人10万元(約163万円)までに制限されるようになった。それもこれも、北京政府が身の程知らずにも、米国との貿易戦争を受けて立ったからだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る