近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

東大卒、国際情報学修士。講談社で中国を中心に取材を続け、現在「週刊現代」編集次長。明大講師も務める。新著に「未来の中国年表」。著書多数。

「ヤクザ政策」「共犯者」中国人民銀と財政部が大ゲンカ

公開日: 更新日:

 今年上半期の中国の経済統計が出揃った。GDPは41兆8961億元(約703兆円)に上り、伸び率は6.8%。全国規模以上工業増加値の伸びは6.7%、うち先端技術産業分は11.6%。サービス業生産指数は8.0%増。国有企業の売り上げは10.6%増で、利益は22.6%増。税収は8兆1607億元に上り15.3%増。国民平均消費支出は名目で8.8%増、実質で6.7%増。国民の平均所得は名目で8.7%増、実質で6.6%増――。

 いずれも非の打ちどころがない数値だ。だが、あろうことか、経済金融政策の司令塔である中国人民銀行(中央銀行)と財政部(財務省に相当)が、大ゲンカをおっ始めたのだ。

 13日、中国人民銀行の徐忠研究局長は、「最近の状況下で財政政策はもっと発動できる」と題した論文を発表し、財政部を痛烈に批判した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  2. 2

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  3. 3

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  4. 4

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

  5. 5

    学級崩壊寸前の学校も “ブランド公立小学校”の理想と現実

  6. 6

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  7. 7

    52歳娘の仕送りで困窮…ひきこもり長引かせた86歳父の地獄

  8. 8

    中学受験とお金<下>成功の秘訣は外遊びと毎日のドリル習慣

  9. 9

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  10. 10

    NHK朝ドラ「なつぞら」には華麗な実在モデルがいる!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る