近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

東大卒、国際情報学修士。講談社で中国を中心に取材を続け、現在「週刊現代」編集次長。明大講師も務める。新著に「未来の中国年表」。著書多数。

補助金で急成長 “2頭の馬”に迫る新興「寧徳時代」の快進撃

公開日:

「中国経済は2頭の馬が牽引している」といわれる。アリババの馬雲(ジャック・マー=53)会長と、テンセントの馬化騰(ポニー・マー=46)CEOだ。だが、今年上半期はこの「2頭の馬」以上に中国で注目を集めた経営者がいる。曽毓群(ロビン・ゼン=50)。福建省で2011年に創業した寧徳時代(CATL)の会長である。

 寧徳時代とは何だか広告会社のようなネーミングだが、リチウムイオン電池メーカーである。昨年、創業わずか6年にして、パナソニックを抜いて世界一のリチウムイオン電池メーカーにのし上がったのだ。昨年の販売量は、寧徳時代が11.84ギガワット時、パナソニックが10ギガワット時、中国最大の電気自動車メーカーの比亜迪集団(BYD)が7.2ギガワット時である。

 中国の経済紙記者が語る。

「習近平政権は、世界でガソリン車の時代を終焉させ、電気自動車時代に様変わりさせることによって、21世紀の自動車産業の主導権を握ろうとしています。その電気自動車の生命線といえるのがリチウムイオン電池。これまでパナソニックの寡占状態が続いてきた市場を、寧徳時代やBYDなどに手厚い補助金を出すことによって、中国企業中心の市場に一変させようとしているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る