• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

東大卒、国際情報学修士。講談社で中国を中心に取材を続け、現在「週刊現代」編集次長。明大講師も務める。新著に「未来の中国年表」。著書多数。

補助金で急成長 “2頭の馬”に迫る新興「寧徳時代」の快進撃

「中国経済は2頭の馬が牽引している」といわれる。アリババの馬雲(ジャック・マー=53)会長と、テンセントの馬化騰(ポニー・マー=46)CEOだ。だが、今年上半期はこの「2頭の馬」以上に中国で注目を集めた経営者がいる。曽毓群(ロビン・ゼン=50)。福建省で2011年に創業した寧徳時代(CATL)の会長である。

 寧徳時代とは何だか広告会社のようなネーミングだが、リチウムイオン電池メーカーである。昨年、創業わずか6年にして、パナソニックを抜いて世界一のリチウムイオン電池メーカーにのし上がったのだ。昨年の販売量は、寧徳時代が11.84ギガワット時、パナソニックが10ギガワット時、中国最大の電気自動車メーカーの比亜迪集団(BYD)が7.2ギガワット時である。

 中国の経済紙記者が語る。

「習近平政権は、世界でガソリン車の時代を終焉させ、電気自動車時代に様変わりさせることによって、21世紀の自動車産業の主導権を握ろうとしています。その電気自動車の生命線といえるのがリチウムイオン電池。これまでパナソニックの寡占状態が続いてきた市場を、寧徳時代やBYDなどに手厚い補助金を出すことによって、中国企業中心の市場に一変させようとしているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る